カテゴリー
Motorcycle

FLSTSB シート交換

FLSTSB用のLe Peraのシート、ベアボーンズが届いたから早速シート交換。
仕事を終えて帰宅し、真っ直ぐにガレージへ向かう。

 

このサドルシートをソロシートに交換する。

 

まずはシート前側のボルトを1本抜いてシートを外す。

 

ベースカバーの後ろ側のボルトを1本抜いてベースカバーを外す。

 

サドルシート固定用のヒンジを外して、スプリングを固定するシートベースを外すわけやけど、ここで問題。
シートベースを外すにはボルトを2本抜くわけやけど、ボルトを抜いてもシートベースの上を配線がしこたま通っとってシートベースが取り出せん。
配線にも余裕が無い為、逃がして取り外す事も不可能。

仕方ないからECMを外して配線に余裕を持たせ、シートベースを逃がす事に。
が、ECMとベースプレートを固定してるナットがインチサイズ。
しかも、うちにないサイズのナットで外す事が出来ん。

ECMをベースプレートから外すのは諦めて、ベースプレートごと外すことにする。
しかし、ここでも問題発生。
ベースプレートをフェンダーに固定してるナットは10㎜のナットやから問題なく外せる。
が、ボルトがフェンダーの裏側から差してあり、ナットを外すとボルトが脱落する仕組み。
ノーマル状態から2inchも車高を下げとるからタイヤとフェンダーの隙間に手なんか入らへん。

 

さて、困った…
どうしたもんか。

悩んだ末にナットを目一杯緩めてベースプレートを持ち上げ、隙間からボルトに針金を巻いて保持、脱落防止の措置をとる。

どうやら上手くいったっぽい(笑)

 

ECMを浮かせて配線を逃がして無事ベースプレートを撤去。

 

Le Peraのベアボーンズを仮組みしてみる。
サドルシートを固定しとった穴と違う穴で固定するっぽい。
穴を塞いであったキャップを外すがナットが無い…

サドルシートを固定してあった穴のナットを移植するか。
でも、よく見るとこのナット…
こいつもフェンダーの裏側から差してフェンダーの上でCリング咬ませて脱落せんようにしたるやん。

試行錯誤の末、今度はフェンダーの上から配線用のガイドを通してナットを引っ掛け、慎重に引き上げてフェンダーの裏側から通してCリングで固定。
意外とイケるもんやな(笑)

 

これでベアボーンズを固定できる。
シートで配線を挟まんように配線をフレームより内側に逃がして纏める。

やっとシートが固定できるかと思いきや、シート固定用のボルトを手で回せるボルトに替えてあったんやけど、そのボルトの直系が太過ぎてシートに干渉。
うはぁ…純正のボルト、どこやったっけかや(汗)

ボルト探すこと15分、やっとこさ見付けてコインドライバーで固定。

 

Le Peraのベアボーンズ装着。

 

before

after

 

跨ってみた感じ、足付きは前より良くなった。
でも、すこぶる乗り心地悪そう(笑)
車高下げた分、サスが硬くなってギャップ拾うとスゲェ突き上げが来るんやけど…
サドルシートみたいにスプリングが付いてなくてフレームの上に載っとるだけやで衝撃がダイレクトに来るやろな。

30分くらいでサクッと交換して試走するつもりが、まさかの2時間弱(苦笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です