安全運転管理者

1事業所につき、定員11名以上の自家用自動車を1台以上、若しくはその他の自家用自動車を5台以上所持する場合は安全運転管理者を選任しなければならない。

 

また、所持する自家用自動車の台数が20台に達すると1名、40台に達すると2名というように20台増す毎に1名の副安全運転管理者を選任しなければならない。

うちは安全運転管理者と副安全運転管理者1名の2名を選任する必要がある。

今までは社長が安全運転管理者、専務が副安全運転管理者としてやってきた。
しかし、今期から社長が安全運転管理者を退任し、俺が新たに安全運転管理者として選任される事になった。

数ヵ月前に社長から将来的に衛生管理者の資格を取ってくれと言われた。
まだ従業員が45人程度で推移しとるから全然勉強してへんけど(苦笑)
50人超える事業所には必ず衛生管理者を置かなければならないから必要になってくる資格ではある。
そろそろ勉強始めんとなぁ…

 

今回は安全運転管理者の変更手続きに必要な書類を集めて回る。
まずは自分が住んでる市の市役所へ。

住民票の写しを貰いに行く。

なんや、久々に市役所来たな。
6年前に再婚する時に婚姻届の提出に来た以来か…

 

次は管轄の警察署へ。
ここへは何やかんやでよう来るわ(苦笑)

ここでは交通課の総務係で過去何年と遡って違反歴が記載されとる運転記録証明書を手に入れる為の申請書を貰う。

ホンマはこの後、郵便局へ行って申請に必要な代金を振り込まんとアカンのやけど、今日は間に合いそうにないなぁ…
午前中から動くつもりが、修理が終わって戻ってきた破砕機のモーターをクレーンで吊って設置する為にクレーンのオペレーターやっとったから午前中ま丸っと潰れてもた。

13時半頃から外出たから郵便局の窓口が開いとる時間に行く事が出来やんだ。
ま、しゃあない。
経理に頼んで、何かのついでにでも振り込んどいてもらおう。

 

しかし、ガキの頃に暴走族やった俺が安全運転管理者か…
昔の仲間が聞いたら笑うやろな(苦笑)
皆、俺も大人になって真っ当にやってんで(笑)

振り込みが済んだら10日から2週間程度で自宅に運転記録証明書が届く。
ほいだら、
・安全運転管理者に関する届出書
・履歴書(担当部署やら職名やら)
・自動車の運転管理経歴書
・住民票の写し
・運転記録証明書
・前任の安全運転管理者手帳
を持って再度、管轄の警察署に行き、交通課総務係にて変更手続きを行う。
必要書類が全て揃っていて、尚且つ欠格事由(道路交通法施行規則第9条の9第1項第2号イ及びロ)のいずれにも該当していなければ、その場で安全運転管理者手帳が発行される。

 

7月の半ば過ぎには年1回の安全運転管理者講習があるから、それまでには変更を済ませておかんとな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す