Work

4月に入って既に3日が経過。
新らしい元号も発表されたな。

「令和(れいわ)」だってな。

 

3月は年度末で決算月の会社が多いから廃棄物処理業界も超繁忙期。
忙しくなるのが判っとるから、うちは2月決算にしとる。

どこの会社も年度末には廃棄物処理に充てられた予算を使い切ろうと纏めて廃棄物処理依頼を出してくる。
予算余らせたら、次年度の予算減らされたりするからな。

毎年の事やけど、3月はバッタバタ。
どの取引先も「今月中に来てくれ。」と同じ事を言う。

 

うちは事業系一般廃棄物と産業廃棄物の収集運搬、中間処理を業としとるわけやけど、産業廃棄物の中には建設系廃棄物なんかも含まれる。
昔ほどではないにしろ、今なお建設業界には横着な奴が多い。

オフィスビルやらマンション、テナント、戸建住宅まで現場は様々やけど、特に狭い現場と言えば戸建住宅。
外注業者(下請け)の職人達が車入れとるとトラック入れるスペースが無い事なんてザラ。

忙しく、ドライバー達だけでは現場が回らない時は俺も現場に出る。
で、月末に行った現場で軽く職人とトラブッた。

詳細は割愛するけど、ザックリ言うと…
建築板金屋が俺がトラック入れて作業しとる所に自分の車を入れたいから「早く車をどかせ」と文句を言うてきた。

元々、この現場は監督がきちっと段取りが出来てなくて問題のある現場やった。
(ちなみに写真は関係ない現場)

最初は、監督の指示で動いていること、当日も含めて監督には再三確認して現場に来ても現場状況が違い作業の段取りが狂う事(実際その日も段取りが狂い予定外の作業は発生していた)等を説明し、大人の対応をしていたが、あまりにも理不尽な言いがかりと暴言を繰り返す板金屋にだんだん腹が立ってきた(苦笑)
極め付けは「お前の仕事が遅い」。

これでスイッチが入った。
大体、元請け会社が現場をきちんと監督できていない事が原因なわけやし、うちと同じ下請け会社が喧嘩売ってきとるわけやし、そもそも文句を言われる筋合いは一つも無い。
とりあえず、目の前の職人相手に一気にまくし立てて、元請けも含めて喧嘩や!と。

その場でうちの営業に電話してボロカスに文句言うて「俺は一歩も退かん」と宣言(笑)

 

営業も即日、元請け会社に電話しとった。
今回の経緯を説明した上で「あんまりナメられたら困る。」と。

うちの営業も言う時は言うやんけ(笑)
頼りない奴等やと思てたけど(笑)

板金屋には現場で頭下げさせたし、元請け会社にも謝罪させたし…
会社の看板背負っての喧嘩やて考えるとこれでシャンシャンか。
これ以上やっても会社に迷惑かかるしな。

 

しかし、まだまだ程度の低い職人が多いな。
そんなヤツが「いい仕事」が出来るわけがない。

俺の部下達も現場で職人に理不尽な言いがかりつけられたりしてへんやろか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す