Ploom TECH

自宅に居る時は普通の紙巻タバコ(glowは重くて咥えタバコできんから)

仕事の時はglowを使用。

が、別にglow一本でもやれん事はない。

確かに現場で体動かした後とか食事の後、寝起きとかは紙巻タバコ欲しくなるけど。

 

昨日は姫奈の誕生日祝いでうちの嫁が姫奈と2人で夕食に行った。

嫁に一緒に食事する?って誘われたけど、毎年2人で食事しとるのに今年だけ俺も参加ってのは何か違う。

2人やからこその会話とか時間があるやろ。

て、ことで俺は遠慮。

そこまで野暮じゃない。

とりあえず、送迎だけは俺がすることにした。

 

行きの車の中で同じくglowを吸う姫奈とPloom TECHの話になり、姫奈も興味があると判明。

ただ、手に入りにくいらしい。

俺はうちの営業の若い奴に買える店を聞いとったから、そんなに入手困難や思てへんかった。

店に着いたのが16時50分、Openは17時らしく駐車場で一緒に店が開くまで待つことに。

車の中で暇やったからPloom TECHの公式ホームページ見て取り扱い店舗を調べとったら、現在地から5分程度の距離に取り扱い店舗があった。

10分あるし、ダメ元で行ってみるかってことになって行ってみると簡単に手に入った(笑)

姫奈も欲しい言うたから俺からってことで誕生日プレゼント。

(嫁はプレゼント用意してあったし、俺は毎年特にはプレゼントはやってへんかった)

 

帰宅して早速開封。

本体はパッケージにある絵の下半分。

これが加熱システムらしい。

要は上半分とフィルター部分に当たるのは使い捨て。

460円で上半分が1本とフィルター5個。

この上半分なんやけど、素材に金属も使用しとって使い捨てにするにはコストが高い気もする。

つか、リサイクルの観点から見ても普通に不燃物で廃棄する人がほとんどやと思うんやけど、専用の回収Boxとかをコンビニなんかの取り扱い店舗に設置した方が良くねーか?

資源循環のシステムを構築せんと随分と資源が無駄になると思うんやけど。

企業的には使用済みの部品を回収して再利用する方がコストが掛かるからって話なんやろけど資源枯渇を心配するのは職業病か…?

 

とにかく、本体を充電して

上半分の部分とフィルター部分と組み合わせる

こんな感じ

俺はメンソールをチョイス。

吸うてみた感想は、味は旨い。

ただ、タバコ感はアイコスよりglowより薄い。

電子タバコみたいな感じやな。

これ一本で平気になればタバコそのものをヤメられると思う。

 

紙巻タバコ、アイコス、glowの全てに共通するのは一度吸い始めたら最後まで吸わなならんいうこと。

このPloom TECHは一口だけ吸うてヤメるってことが可能。

その面では一吸いだけしたいとかって時でも吸えるからエエかな。

 

しばらくはPloom TECH使ってみようと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す