こんな夜は

先週の日曜日に婆さんが亡くなった。
92歳やった。
90過ぎとったら大往生や。

 

悪い事は重なるもんで…

昨日、バイク仲間でもあり、ファミリーの一員である大好きな先輩が亡くなった。
仕事帰りの事故やったらしい…

今日の仕事帰り、19時40分頃にバイク仲間である2つ上の先輩から着信…
珍しい人から電話が掛かってきたなと電話に出て知った。

ショックやった。
まだ実感が湧かん…
受け入れたくないのもある。

50代半ば。まだ早過ぎる…
ホンマにバイクが好きな人やった。

一緒に走った事…
一緒に初詣に行った事…
一緒にBBQやった事…
いろんな思い出が蘇ってくる…

数人と電話で話した。
誰と話しても互いに言葉にならず沈黙の時間が多い。

思い出と一緒に走ろう…
そんな風に思った。

 

愛機のエンジンに火を入れて走り出す。
R23を東へ…

所々でバイクを停め、タバコに火を点けて思いに更ける…


思い出す顔は笑った顔ばっかりや…
いつもデカい声で豪快に笑っとったな。あの人。

バイクを走らせても、停めても楽しかった思い出ばかり。

 

指先が冷えて感覚が無くなっても走り続ける。
また一緒に走りたかった。

1時間半程度、距離にして80㎞くらいで帰宅。

『また一緒に走り行こうや‼︎』
そう言うとったのに…

最後に会うた日、別れ際にそう言うて握手をした。
もう一緒に走れんなんて嘘みたいや。

互いにバイクを乗り換えてからまだ一度も一緒に走ってないやん。
一緒に走ろう言うたやん。

悲しさ、悔しさ、やり場の無い気持ち…
みんな同じ思いで過ごしてる。

こんな夜はバイクしかない…
俺達バイク乗りには…

走らなきゃやってらんねぇ。
一人で夜のバイパスぶっ飛ばしてさ。
それでも払拭できんもんもあるんやね。

 

俺、走りながら泣いたよ。仁さん。
日曜日、最後のお別れになるから会いに行くね。
顔、見に行くから。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す