Camp@荻不動ヶ滝園地

10月20日(土)の夜から10月21日(日)の昼前にかけて荻不動ヶ滝園地でCampした。

今回は大人10人、子供5人の計15人。

 

拓人とあゆみ、真樹の3人は日帰りの予定での参加。

泊まりはうちと誠次、宏樹、理一家、頼ちゃんとレイタの12人。

 

誠次と拓人を除く、俺、宏樹、理、真樹、頼ちゃんは仕事やったから仕事終わりに集まってのStartとなった。

真樹と頼ちゃんは現地集合やったから、宏樹と理一家、拓人とあゆみがうちに集合して出発。

19時過ぎに出発して20時頃に現地に到着。

休憩もそこそこに早速、男衆はテントの設営、女衆はBBQの準備に入る。

 

まずは小さいテントの設営。

ワンタッチのドームテント。

次に大きいテントの設営。

4m×3mのテント。間仕切りで2m×3mの2Roomにもなる。

今回は2Roomで使用。

 

テントの設営が完了したから皆で食事。

 

 

子供達は食事を早々に終わらせ、テントを「秘密基地」にして遊ぶ。

天井から電球型のLEDライト吊るしてやった。

 

子供達に先にメシを食わせてから大人達はゆっくりと食事。

 

今回はリイサも抱っこさせてくれた(笑)

皆が驚いとったわ。みづき(リイサの母親)が「あ、リイサ抱っこされてるじゃん。今日はいいの?」てリイサに聞いたら頷いとった。

どんだけやねん。

今日はCampやから特別らしい(笑)

 

気温も下がり、少し冷えてきたから焚火台を出して薪に火を点ける。

 

それでも風が抜けて冷えるから持って来たブルーシートで陣幕を張る。

これで随分と変わる。暖かくなった。

この後、しばらくして拓人とあゆみは帰って行った。

 

0時を回ったから子供達をテントで寝かせて、ここから大人の時間。

電気を消し、焚き火とガスランタン2つのみ点ける。

焚き火を囲んでゆっくりと流れる時間を感じる。

仕事の話、プライベートの話…

話は尽きん。時間なんてナンボあっても足らんもんや。

気の置けない仲間達とのゆったりとした時間。

何物にも代えがたい最高の時間。

3時だか4時だかに誠次と宏樹は寝る為にテントへ。

翌日(当日?)の日曜日は仕事なのに朝方6時近くまで滞在して真樹は帰って行った。

真樹、忙しいのに長時間付き合ってくれてありがとう。

また近いうち会おうな。

俺と嫁、理はテントは使用せずにそのまま外で就寝。

 

朝、9時半頃に起きたら全員活動を始めとった(笑)

大きい方のテントを畳み、陣幕も撤去し始めとる。

バタバタと落ち着きのない奴らや(笑)

 

前日、到着した時には既に暗かった為、テントの片付けやらを始めとる若い衆達を余所に爽やかな朝の空気を満喫しながらCamp場を散歩。

最高の天気やな。

立派な杉が立ち並ぶ。

 

一応、洗い場と一緒に焼き場もある。

 

ずっと登って行くと滝がある。

石積みで作った人工的な滝やな。これ。

滝の傍には不動明王と馬頭観音。

 

なんやかんやで11時前くらいに撤収。

頼ちゃんは途中まで一緒に走って流れ解散。

理一家はうちに到着して荷物を下ろして帰っていった。

 

宏樹はその後もうちに滞在。

夕食を済ませて帰って行った。

 

なんやかんやで疲れたけど、皆の笑顔も見れてホンマにエエ週末になった。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す