特小無線(特定小電力トランシーバー)追加購入

前回の山行で特小無線が2つでは全然足らん事が判った。

 

とりあえず、ALINCOのDJ-R200Dを1台追加購入。

ALINCOの特定小電力トランシーバーの中で最上位機種。

DJ-P221は電波の飛びを重視してロングアンテナにしたけど、ザックのショルダーベルトのポーチに入れるとアンテナが顔の横に来て邪魔なんよな(苦笑)

で、今回は最上位機種で送受信感度も良好との事で携帯性を重視してショートアンテナをチョイス。

 

今回は充電式リチウムイオンバッテリーと充電器も購入。

ベルトクリップをネジ2本で固定。

 

充電器に設置しとけば常にバッテリーはFullの状態が保てる。

 

ありがたい事に一緒に山登りしたいと言うてくれる仲間がよおけ居てる。

ホンマは3台でも全然足らん。1人1台欲しいところや。

 

登山を趣味にするのはエエ事やと思う。

自然に触れる事も出来るし、普段見られん景色も見れる。

その代償としてリスクが付いて回るのも事実。

 

俺、厄年なんよな…

 

数年前に俺の部下が2名、厄年に死んだ。

2人とも胃ガンやった。スキルス性の。

 

そういうのあんまり信じるタイプではないんやけど。

周りの仲間達からは「厄払いに行け」と散々言われたけど、行ってへん。

山本KID徳郁も亡くなったな。

彼も同じ年。本厄や。

 

前回の記事「登山考察」では書かんかったけど…

実は最近、知り合いの日系ブラジル人が富士山で死んだ。

軽装で富士山に登山に行って、足を怪我してはぐれたらしい。

8月やったんやけど、富士山は8月でも上の方は気温が5℃とかやからな…

12mの風でも吹いたら体感温度はマイナスや。

 

体温下がって動けんようなっとった所を下山してきた人達に発見されて通報してもらったらしいけど、救助されて2〜3時間後に低体温症で亡くなったらしい…

彼も俺と同じ年。本厄や。

 

昔から何があっても「自分は大丈夫」て根拠の無い自信がある。

占いだのジンクスだのってのも信じんタイプの人間や。

今でも変わらへん。

 

それでもこれだけ身の回りで続くと少しは考えさせられる。

自分は大丈夫やとしても、もし自分の周りの人間が傷つく形で厄災が降りかかってきたら…

そう思うと1%でも可能性のあるリスクは潰しておきたい。

 

俺が登山なんて趣味にしなければ、登山なんてやってなかった奴も居るわけで。

少なからず俺にも責任はあるわけやしな。

リスクがあるのを承知で始めた趣味やけど、自分の身を守るのは当然やけど、可能であるなら仲間も守りたい。

 

自分が登山を趣味として始めた年に自分の知ってる人間が山で死んだ…

俺のファミリーだけは絶対にそんな目に合わせるわけにはいかん。

最悪の事態を想定してリスクヘッジをするのは昔からやけど、昔より慎重になっとるのは年のせいか…?(苦笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

「特小無線(特定小電力トランシーバー)追加購入」への3件のフィードバック

  1. 厄年…。
    自分もいろいろと調子が悪いです…。
    些細の事?が重なって?本調子が出ないと言うか?悪い方向に向かってます…。
    気力もないし、ブログも書く気になれない毎日です…。

    1. ダメオ君、アカンでぇ。
      気力だけは持ってないと。
      ブログなんてな書きたい時に書いたらエエけど、全てにおいて無気力になったら物事悪い方向に進むからな。
      愛知に来た際には連絡しておいでや。
      いっぺん一緒にメシでも食おうや(^^)

コメントを残す